極小チワワ ちわわ ブラックタン  極小チワワ いちごちゃん日記 低血糖
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
極小ちわわ いちごちゃん日記

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.21 (Tue)

生きる「道」を選んでくれてありがとう

こんばんわ。苺ミルクままです。

今日、苺ちゃんは3歳のお誕生日を迎えました

今はとっても元気に暮らしていますが、生後2ヶ月半の時、苺は低血糖で生死をさまよいました。

病院に運んだときには、既に血糖値は、「死」を意味する数値の一歩手前。

(寝ている事が多かったので、寝ているのか、それともぐったりしているのか、

子犬の頃には、見分けがつきにくのが、低血糖の怖いところ。)

身体が小さかったので血管確保をする事が出来ず、

骨髄に直接、針をさして、点滴をしてもらいました。

もちろん麻酔なしで、骨に…。

泣き叫ぶ苺の声は今も忘れることが出来ません。

先生からは、

「点滴でひとまず今は大丈夫ですが、まだまだ危険な状態です。

自力でご飯を食べることが出来なかったら…難しいかもしれません。」

と告げられました。

苺はそのまま入院。


その夜は、心配で心配で胸が潰れそうでした。


翌日、面会に行った時も弱々しく、

看護士さんからツライ報告が。

「苺ちゃん、ご飯食べてくれないんです…」

低血糖になった苺にとって、一番怖い状況でした。


自力でご飯を食べる事が出来ないから、

骨髄に通している点滴も抜かずにそのままの状態だと。


自力でご飯が食べれない=栄養がとれない=成長できずに「死」に至る…。


病院からの帰り、

大粒の涙が、

ぽたぽた…ぽたぽた…。


声をあげて泣きました。


もう何も考える事は出来ませんでした。

つらくて、つらくて、

どうして苺がこんな目にあうんだろう…と。


一緒に居た母が、

「面会時間……まだあるなら、もう一回行ってみたら?

…気になるんやろ?」

病院の面会時間は、夜は17時~20時までの3時間。

その時は19時でした。


もしかすると今晩死んでしまうかもしれない。

そう考えると、足は再び病院へ向かっていました。


受付で、

「すみません…。さっき面会させてもらったのですが、

もう一度、会わせてもらってもいいでしょうか?」

をお願いをし、再び苺の元へ…。


すると、

看護士さんが、


「先ほど、お帰りになられた後、

苺ちゃん、自力でご飯食べはったんです!!!!」




……嬉し涙が溢れ、

「ありがとう」を心の中で何度も何度も言いました。



泣いている私を見て、

ご飯を食べようと…

生きなきゃいけないと…

小さな小さな身体で、決心してくれたのでしょうか。



苺…。

生きる「道」を選んでくれてありがとう。

これからも、ずっとずっと、一緒に。









スポンサーサイト

テーマ : チワワ生活 - ジャンル : ペット

21:57  |  低血糖  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.24 (Sun)

ブログを始めた理由 極小チワワの飼い方・注意点

ブログを始めた理由…


2つの理由があります


兄妹チワワの天くんのパパさんママさんに


いちごの日常を様子を見て頂きたかったのと、


もう一つの理由は


これから小さいチワワをお迎えされる方、


または、すでに身体の小さいチワワを迎えられた方に、


低血糖のこと、


日常生活のこと、


病気のこと、


普通のわんちゃんより何十倍も注意深く


小さい「命」を守ってあげなければいけないこと


私の経験(いちごの低血糖での入院・一時生死をさまよう・身体が小さいゆえでの日常生活でのトラブル)


を書くことで、


これを読んで下さった方にとって


ヒントや知識となって、


お役に立てれば・・と思っております


少しずつですが、


細かく思い出しながら


書いていきたいと思います





今日のいちごちゃん「京都御所でのお散歩♪♪」

極小チワワ いちごちゃん日記 京都御所









テーマ : チワワ生活 - ジャンル : ペット

22:22  |  低血糖  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。